12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-28 (Fri)
Liveeventは順調かな、て感じで進めてます。

お仕事が詰まってきて、非常事態が出ている中の人です。
でもDOLと珍獣と遊ぶことはやめられませんww。

プロ野球も、レギュラーシーズンが終わり、悲喜こもごものドラフト会議も終わって
CS(クライマックスシリーズ)が始まるまで少し休憩と言ったところでしょうか?
チーム順位が確定し、個人タイトルも確定しましたね。
色々ありますが個人的見解も含めて、少しコメントをつけてます。

打率のタイトルは内川(SH)<0.338>、長野(G)<0.316>が獲りました。
内川は横浜時代の2008年に続き2度目、両リーグで首位打者となりました。
本塁打王は、中村(L)が48本、バレンティン(YS)が31本です。
統一球の影響か例年よりも打率、本塁打とも少ない気がします。
でも中村は1人でロッテのチーム本塁打より多く打っているのですごいですね。
打点は中村(L)116、新井貫(T)93、中村(T)は本塁打と打点の2冠です。

盗塁王は本多(SH)が60個で、藤村(G)が28個で獲りました。
本多は去年59個、今年60個と好成績を残していますね、セリーグは・・・どうした物でしょうか。
ちなみに横浜のチーム盗塁数は31個でした・・・何も言えません。

統一球の影響を受けてかわかりませんが、全体的に防御率が良くなりました。
防御率は田中(Es)が驚異の1.27、吉見(D)は1.65で二人とも最多勝も獲ってます。
パ・リーグはダルビッシュ(Fs)1.44、和田(SB)1.51と普段の年ならタイトル取れる数字でタイトルが取れない
というハイレベルな結果となりました。ダルビッシュの5年連続、防御率1点台は驚異でしょうね。

最多勝は複数で、田中(Es)、ボールトン(SB)の19勝、吉見(D)、内海(G)の18勝でした。
田中の14完投はお見事の一言です。個人的には内海(G)よりも澤村(G)の方が内容は上だと思います。

セーブ王は藤川(T)と武田(Fs)が獲りました。

奪三振はダルビッシュ(Fs)、前田健太(C)が獲りましたね。
ダルビッシュの276奪三振はすごすぎますね。

特に田中、ダルビッシュはすべての数字が高いです。
防御率、2点取れば勝てるし、ほぼ投球回からリリーフ不要の完投能力・・・。
四球を出さない制球力(K/BB・BB/9)、三振奪取する球威と(K/9)三拍子揃った
投手が同じ年に出て、それを見られたのは幸せかもしれない。
こんなハイレベルな争いはもう見られないかもしれないので。

全体をとおして投手優位の年でしたが、パリーグの二人は怪物じみた数字を
たたき出したということで統括します。

意味の無いことですが二人の成績で横浜でなげたら単純にCS行けたかもしれない・・。



Theme : 大航海時代Online * Genre : オンラインゲーム * Category : リアル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。